四十九日法要が終わった後に初めて迎える最初のお盆を初盆と言います。初盆・お盆は8月13日の迎え火から始まり、16日の送り火の4日間となります。地域によっては1ヶ月早い7月に行いますが、お付き合いのあるお寺様、親戚様に聞いていただいて日時を決めてください。

因みに四十九日法要が終わった後にお盆が来る場合は、次の年のお盆が初盆となります。お盆は、祖先の霊を祀る行事であり、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)が元となっています。

盂蘭盆会

安居(あんご)の最後の日、旧暦7月15日を盂蘭盆(ullambana)とよんで、父母や祖霊を供養し、倒懸(とうけん)の苦を救うという行事である。

送り火

大文字焼き
お盆の行事の一つで、お盆に帰ってきた死者の魂を現世からふたたびあの世へと送り出す行事。

家庭の玄関先や庭で行われるものから、地域社会の行事として行われるものまで、さまざまな規模で行われています。

大規模なものでは大きく分けて、山の送り火、海の送り火の2つがあり、山の送り火としては、京都の五山送り火・奈良の高円山大文字送り火などが有名。海の送り火としては、「灯籠流し」が全国的に行われている(「精霊流し」と呼ぶ地方もある)。

おすすめの記事