和讃(わさん)とは
仏・菩薩や祖師・先徳、経典・教義などを日本語で讃歎した讃歌。
インド語または中国語でとなえる「梵讃」「漢讃」に対する。七五調で作られたものが多く、これに創作当時流行していた節を付けて朗唱する。

創作は古く、平安時代にさかのぼり「法華讃歎」「百石(ももさか)讃歎」などが流行した。
古い和讃に、良源作と伝えられる「本覚讃」、千観の作になる「極楽浄土弥陀和讃」、源信の作「極楽六時讃」「来迎讃」などがある。

ほとんど平安中期の天台浄土教によって流布(るふ)したものである。

鎌倉時代には、和讃は布教の用に広く認められ鎌倉仏教各宗で流行をした。
浄土真宗の親鸞作の「三帖和讃」(浄土和讃・高僧和讃・正像末和讃)や、時宗の一遍作「別願讃」や他阿作「往生讃」などを含む「浄業(じょうごう)和讃」などが代表である。

こうした和讃は、広く民衆の間に流布し、日本の音楽に大きな影響を与え、民謡や歌謡ことに演歌などの歌唱法に影響の形跡が残っている。

おすすめの記事