遺言書(ゆいごんしょ)がなければ、妻とご主人さんの両親が相続人となり、相続分は妻3分の2、母親が3分の1となります。

相続人の範囲と相続順位について

配偶者(妻)は、常に相続人となります。配偶者以外の相続人は、故人(被相続人)と血のつながりのある血族関係者(養子も含む)に限られ、姻族関係(義理の関係)の者は相続人になれません。

第1順位において、子が既に亡くなっていて、その子(被相続人の孫)がいる場合は、孫がその相続分を引き継ぐことになります。(代襲相続)

代襲相続は、第3順位の兄弟姉妹にも適用され、既に亡くなっている兄弟姉妹に子がいる場合(被相続人の甥・姪)は、その兄弟姉妹の相続分を彼らに引き継がれます。また、第1順位から第3順位までの相続人、子(及びその代襲相続人)、直系尊属、兄弟姉妹(及びその代襲相続人)がまったくいない場合は、相続財産のすべてを配偶者が単独で相続できる。

法定相続分について

第1順位の法定相続人の場合

配偶者が2分の1、子が2分の1の相続分となります。子が複数いる場合には、子の相続分を2分の1を子の人数分で等分した割合となります。

例えば、子供3人いれば6分の1ずつが相続分となります。また、配偶者がなく、子だけの場合、すべてを子が等分に相続することになります。子供3人いれば3分の1ずつが相続分となります。この場合も、既に亡くなっている子がいる場合には、その孫が代襲相続します。

第2順位の法定相続人の場合

配偶者が3分の2、直系尊属(両親、祖父母など)は3分の1(両親とも存命であれば、6分の1ずつ)となります。

第3順位の法定相続人の場合

配偶者が4分の3、兄弟姉妹は4分の1(複数いれば、さらにその分を等分する)となります。

おすすめの記事