国民年金加入者の方が死亡されたときに、子供が成人している場合には「遺族基礎年金」は支給されず、「寡婦年金」が支給されます。

寡婦年金の受給資格者の範囲

国民年金の第1号被保険者としての保険料納付済期間と免除期間を合わせて25年以上ある夫が、年金の受けずに死亡したとき、死亡時に夫によって生計を維持されている10年以上の婚姻関係があった妻には、60歳から65歳の間、寡婦年金が支給されます。

ただし、死亡した夫が障害基礎年金(旧国民年金の障害年金を含む)の受給権者であった期間があるときや老齢基礎年金を受けていたときは寡婦年金は支給されません。

寡婦年金の年金金額

夫が受け取れたであろう第1号被保険者期間に係る老齢基礎年金額の4分の3 相当額の年金がもらえます。

寡婦年金の受給手続

遺族基礎年金として、次の算式で計算された金額が支給されます。

「寡婦年金裁定請求書」に、夫の年金手帳(国民年金手帳)、戸籍謄本(記載事項証明書)、住民票(世帯全員の写し・住民コードの記載のもの)生計維持していたことを証明する書類を添えて、住所地の市町村役場へ提出。

第1号被保険者
日本に住んでいる20歳以上60歳未満の人は、すべて国民年金に加入し、将来、老齢基礎年金を受けます。国民年金では加入者を3種類に分けています。そのうち、20歳以上60歳未満の自営業者・農業者とその家族、学生、無職の人等、第2号被保険者、第3号被保険者でない者が第1号被保険者です。国民年金の保険料は本人または保険料連帯納付義務者である世帯主・配偶者のいずれかが納めます。 
また、(1)日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の厚生年金、共済年金などの老齢年金を受けられる人、(2)20歳以上65歳未満で海外に住んでいる日本人 、(3)日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の人(4)65歳以上70歳未満の方(但し、昭和40(1965)年4月1日以前生まれで、老齢基礎年金を受けるための受給資格期間を満たせない方に限ります。)が、希望して国民年金に任意加入する場合も第1号被保険者と同様の取扱いとなります。

おすすめの記事