不幸がつづくことを避けたいと気持ちから、言葉の使い方にも充分な配慮されるようになったのが忌み言葉です。

日頃よく使っている言葉ですので、思わず口に出してしまいがちです。くれぐれも注意してください。

1重ね言葉

「重ね重ね」「重々」「いよいよ」「再三再四」「たびたび」「またまた」「ますます」
などです。

小田
たとえば、「かえすかえすも残念」というときには「ほんとうに残念」「まことに残念」というように表現します。

2悪いことを連想させる言葉

「とんだこと」「とんでもないこと」などや音が不吉な「九・・・」「四・・・」などの言葉です。

そのほか「つづく」などや「追って」なども忌み言葉とされています。

本当にその葬儀社さんにお任せして大丈夫ですか?

お葬式はただ低価格だけで満足ですか?インターネット上には、あなたにとっても有益な情報もたくさんありますが、葬儀社側都合の情報もたくさんあるのが現状です。

あなたにとって良心的で良い葬儀社さんを判断する材料は、人のうわさでもありませんし、知名度でもありません。ましてや、広告の大きさや会社の規模などでは決してありません。

あなたの目や耳であり、感じた印象であり、あなた自身が判断することです。

問い合わせた葬儀社が、あなたが希望している内容にしっかり耳を傾け、真剣に対応しようとしてくれているのかを、あなたのほうでも真剣に判断してください。

そうすればきっとあなたにあった葬儀社さんにあたりますし、お葬式で後悔することも避けられます。

おすすめの記事