一ツ ひとへにだいじはごしやうなり、つねづねねんぶつわするなへ 
なむあみたぶつあみだぶつ

二ツ ふたたびあはれぬけうのひを、むなしくくらすはあわれなり 
なむあみたぶつあみだぶつ

三ツ みらいがだいじとおもふなら、ぜんごんくどくのくようせよ 
なむあみたぶつあみだぶつ

四ツ よきもあしきもうちすてて、ほとけのおしへにとりすがり 
なむあみたぶつあみだぶつ

五ツ いつまでこのよにいるものぞ、いのちはもろきくさのつゆ 
なむあみたぶつあみだぶつ

六ツ むげんぢごくへおちるみを、そのまますくうはみだによらい 
なむあみたぶつあみだぶつ

七ツ ならくへおつるによにんまで、もらすまいとのごせいぐわん 
なむあみたぶつあみだぶつ

八ツ やまほどざいほうつむひとも、しでのたびぢはただひとり 
なむあみたぶつあみだぶつ

九ツ こころすなおにほんぐわんを、たのめばこれぞほとけなり 
なむあみたぶつあみだぶつ

十ヲ とうときおしへのねんぶつを、すすめよとなへよしんずべし 
なむあみたぶつあみだぶつ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう