一、迷いに深き人の世は

四苦をさだめと思えども

悟れば真如の相(すがた)にて

水の流るる風情あり

二、自在菩薩は理(ことわり)を

苦行の跡に示しつつ

色(しき)は即ち空(くう)なりと

天地(このよ)の道を延べ給う

三、あな尊しやみ光を

真理(まこと)を綴るみずぐきの

二百六十二文字を

生かせ命(いのち)と仰ぐべし

(楊柳にて)
観自在菩薩の行に開かれし

永久(とわ)の光を心にぞ見る

南無観世音 南無観世音

おすすめの記事