故人を追悼供養する行事や種類や日程については、各家庭で信仰されている宗教によって異なります。仏式では、「法要」「法事」といい。神式では「御霊祭(みたままつり)」、キリスト教プロテスタントでは「記念会」、カトリックでは「慰霊祭」が同じ意味合いとされています。

一般的な追悼供養と具体的なスケジュールは下記のようになります。

仏式の法要(法事)

1.忌明けと法要

 忌明けまでは、7日目ごとに、初七日(しょなぬか)・二七日(ふたなのか)・三七日(みなのか)・四七日(よなのか)・五七日(いつなぬか)・六七日(むなのか)・七七日(なななのか)と7つの法要があります。

初七日は、死亡の日又は死亡前日から数えて七日目に行われていましたが、最近では、遠方からの参列者の事情等をを考慮し葬儀当日に還骨回向と併せてすませることが多くなっています。
また、「満中陰法要」といわれる忌明け法要についても、従来は死亡の日又は死亡前日から数えて七七日目に行われていましたが、初七日と同様に1週間程度はやくなり35日目の五七日(いつなぬか)に行われるようになっています。(宗教者様の考えや地域性などで七七日(なななのか)に必ず行うこともあります。)

満中陰法要に、出席者への事前の案内状作成や僧侶への依頼・出席者に出す料理・粗供養品(引き出物)などを手配しておくことが必要となります。また、法要を寺院など自宅以外で行う場合には、事前に会場の予約も必要です。
忌明け法要終了後に、香典をいただいた方々への香典のお返しをします。

法要日までの日数のの数え方は、宗派や地域の慣習によっても異なりますので、法要をお願いするお寺の住職様に確認し日程を決めます。

七七日の忌明け法要以降は年忌(ねんき)となります。この忌明け法要後、僧侶や親族を招いて執り行う大きな法要は、1年・3年・7年・13年・17年・23年・27年・33年とされ3と7のつく年に行います。一般的に33回忌までとされていますが50回忌までお勤めされることもあります。この場合は、一周忌は満で数え、三回忌以降は死亡した年を含めて数えます。

法要での服装

法要を行う家の方の服装は三回忌までは正式喪服。それ以降については略式喪服とでも構いません。招かれた方は、三回忌までは略式喪服で伺いますが、それ以降は平服に近づけていきます。

住職への謝礼や表書き

住職への謝礼は「お布施」といいます、包みの表書きには「御布施」と書きます。また、お布施とは別に「御車代」「御膳料」が必要となります。(住職への謝礼の金額は、直接お伺いしても失礼にはあたりませんのでご確認ください。)

2.初盆

忌明け後、初めて迎えるお盆を「初盆(はつぼん)」または「新盆(にいぼん)」といいます。この日は、普段のお供え以外に故人の好物などをお供えします。そして、親族や故人と親しかった方々をお招きし、僧侶をお呼びして読経をあげてもらい精進料理でもてなします。

忌明け前にお盆を迎える場合は、翌年が初盆となりますが、地域や宗派または住職によって異なります。法要をお願いするお寺に確認することをお勧めいたします。

一般的に、お盆の入りを旧暦の7月13日、お盆明けを4日後の16日としています。地域によっては1か月遅れの8月13日から8月16日までをお盆として、盆提灯を灯したり、精霊流しを行ったり、故人の墓参りをしたりと地域独特の様々なお盆行事が行われています。

3.お彼岸

 法要とは別に、春分の日や秋分の日の前後七日間をお彼岸として、祖先の霊を供養します。このお彼岸の間にお寺では彼岸の法要が営まれますが、家庭でも仏壇に炊たてのご飯やお茶・水・花などをお供えし蝋燭を灯し線香をあげお墓参りをします。

神式 「御霊祭り」

神式の場合は、下記のような呼称で故人の追悼を執り行います。

霊前祭

一年祭までを「霊前祭」といいます。

翌日祭の後、10日ごとに霊祭がおこなわれ十日祭・二十日祭・三十日祭・四十日祭ときて五十日祭で忌明けとされる場合が多い。五十日祭後は、神棚に貼られた神棚封じの白い紙もはがし、通常の祀り方に戻します。また、五十日祭の後は百日祭となります。

祖霊祭

三年祭以降を「祖霊祭」といいます。
三年祭・五年祭・十年祭・二十年祭・三十年祭・五十年祭

御霊祭りの服装

御霊祭りを行う家の方の服装は三年祭までは正式喪服。それ以降については略式喪服や地味な服装でも構いません。招かれた方は、三年祭までは略式喪服で伺いますが、それ以降は平服に近づけていきます。

謝礼や表書き

謝礼は無地の封筒に入れ表書きは「御礼」「御榊料」「玉串料」「御神饌料」と書きます。別に「御車代」「御膳料」が必要となります。

キリスト教

カトリック 「慰霊祭」

「追悼ミサ」として「命日祭(祈念の集い)」を執り行います。
 死亡した日から三日・七日・三十日に教会へ遺族や親族、知人が集まり礼拝堂に聖歌や祈りを捧げます。その後は、昇天記念日に教会でミサを捧げます。

プロテスタント「記念会」

「昇天記念日」として「記念会(記念の集い)」を執り行います。
死亡してから1ヵ月後の命日に自宅又は故人の墓前に牧師、親戚、知人が集まり行います。その後、自宅で記念会を営む場合は、1年ごとに数年間。教会で行う場合は故人の命日ではなく、教会の記念日に記念式典を行い天に召された人たちに祈りを捧げます。

服装

遺族は、1年目の「命日祭」「記念日」までは、正式喪服を着用しますが、2年目以降は喪服ではなく地味な服装でもかまいません。

参列者については、1年目までは略式喪服となりますが、それ以降は地味な服装で問題ありません。

謝礼

教会への献金、牧師や神父への御礼という形になり、白無地の封筒に包み、表書きは「謝礼」と書きます。また、オルガン奏者や聖歌隊への「謝礼」も必要となります。

おすすめの記事