浄土真宗はなぜ戒名でなく法名と呼ぶの?

法名(ほうみょう)とは

戒名と同じく、仏弟子になった証として授かる名前。浄土真宗など、戒律という考えを取らない宗派戒名とは、戒名ではなく法名とよびます。

浄土真宗において、生前に帰依し、仏弟子として生きて行くことを誓った信徒に対して、仏弟子になった証として京都にあるご本山の門主が授与します。つまり、門徒として、「浄土真宗の祖である親鸞聖人の教えを拠り所とすることを誓った者に与えられる名」ということになります。教えを拠り所として誓いをたてると言う意味では、法名はキリスト教のクリスチャンネームと同じ意味合いとなります。法名とは、親鸞聖人の教えである仏法を聞いて、本当に幸せになった人に対して、お釈迦さまから授けられる名前です。「釈(釋)」という字は、お釈迦さまから字を頂いています。これは、本当に幸せになった人はご自分の親友だと言われたことによるものと言われています。

そして、法名を授かる時に執り行われる儀式のことを「帰敬式(ききょうしき)」もしくは「おかみそり」と言います。キリスト教で言う「洗礼式」にあたります。

法名を生前に頂いていない人が亡くなった場合は、通夜・葬儀を執り行うお寺の僧侶(住職)が、ご本山の門主に代わって法名を授けます。

浄土真宗では、下記の3~4文字が法名の基本となります。
釈○○/釋○○(男性)※本願寺派は、男女とも3文字
釈尼○○/釋尼○○(女性)

信士(しんし)・信女(しんにょ)といった他宗派でよく見られる文字は用いません。

法名と戒名の違い

【共通点】法名も戒名も生前に授けられる名。

【相違点】
法名浄土真宗に限られたもの。出家をし、戒律を守って修行を積み重ねて授けられるのではなく、ありのままの生活を続けている中で、浄土真宗の教えを全うすることを誓った信徒に対して授けられるもの。出家することなく、在家という形をとって、法名は授けられます。
戒名仏門に入るために出家して、戒律を守って修行をすることを決めた者に対して与えられる名。出家信徒や僧侶に対して与えられるもの。

法名にランクは無い!

浄土真宗の場合、生前の社会的地位や修行の度合いで死後のランクが決まることはありません。信心1つで誰もが等しく浄土へ生まれることができるという親鸞聖人の教えから、ランクをつけるということがありません。そのため、居士(こじ)・信士、大姉(だいし)・信女など、戒名のようにランクを表す位号はつけません。また、他の宗派で使われる出家者に与えられる道号や、梵字などもつけることがありません。

ランクをつけることがないため、ランクによる料金の違いもありません。ただし、生前にお寺への貢献度が高いと認められ、讃える意味で釈号の頭に院号として「院」を付けることがあります。

生前にご本山にて帰敬式を受け、法名を授かる場合は1万円、文字を指定した場合は2万円が相場とされています。なお、未成年者の場合は5千円が相場となります。生前に帰敬式を授式して法名を受けられる場合は、事前に、ご本山もしくは手次寺(てつぎでら)に相談されることをお勧めします。

また、院号を受ける場合は、お布施として「永代経墾志(えいたいきょうこんし)」をご本山に納めます。
お布施代は、10万円程度が相場のようですが、お寺によっては決められているところもありますので、事前に確認されてから納めるようにしましょう。

院号に関してお金で買うものだと勘違いされることがありますが、浄土真宗の場合は、院号はお金ではなく、お寺への貢献度として捉えていますので、「永代経墾志」も法名料ではなく、お布施料となります。
言い換えると、永代経墾志は「お寺を護っていつまでも念仏の教えが伝わっていくように」との願いが込められ、故人に代わって納めるものとなります。「永代」という漢字が付くことで「永代供養」と勘違いされ易いのですが、故人を供養する永代供養とは異なります。

永代経懇志を納められた方の法名はお寺の法名軸(掛軸)などに記帳され、永代経がお勤めされる時、ご本堂に掲げられます。「永代経墾志」はお寺にとって、とても大切な収入源の一つとなります。いつもお世話になっているお寺への感謝の気持ちを込めて納められるのも良いでしょう。

なお、亡くなられてから法名を頂いた場合は、基本的に無料とされています。その場合は、法名を頂く時に、帰敬式の相場と同じ金額をお布施として納めると良いでしょう。

生前に法名を頂いている場合

生前に法名を頂いている場合、頂いた法名の文字の意味をきちんと理解しておきましょう。また、法名を頂いたときの紙は、失くすことが無いよう、大切に保管をしましょう。

頂いた法名は、お位牌を準備する時に必要となってきます。亡くなられてから、ご家族の方が慌てて探すことがないよう、事前にご家族の方にも教えておいたり、エンディングノートへの記載をお勧めします。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう