五月五日は、「端午(たんご)の節句」です。「端」とは「ものの始まり」を意味し、「午」は「旧暦の五月」を意味します。元々は、五月のはじめの午の日を節句としましたが、のちに「午」と「五」の音が同じであることから、五月五日になったとされています。

由来は、紀元前三世紀の中国に遡ります。楚(ソ)の国王の側近に屈原(くつげん)という詩人・政治家がいまして、その正義感と国を思う強さで人々から大変慕われて信望を集めた立派な人でしたが、陰謀により失脚させられてしまい、国を追われてしまいます。国の行く末に失望した屈源は、泪羅(べきら)という川に身を投げました。楚の人たちはそれを知り、「粽(ちまき)」を川へ投げ入れて魚の餌として、屈原の死体が魚に食べられないようにと防ぎました。

端午の節句・兜

日本では、奈良時代より、病や禍を避ける行事として、宮中で執り行われるようになりました。鎌倉時代ごろから、端午は男の子の節句とされ、男の子の成長を祝い健康を祈る行事となりました。鎧兜や刀、五月人形と呼ばれる武者人形を床の間に飾り、鯉のぼりを庭に立ててお祝いをします。

柏餅

鎧兜や五月人形には、男の子の身体を守る意味合いが込められ、鯉のぼりには中国の故事にちなんで、男の子が立身出世するようにとの願いが込められています。鯉のぼりの風習は、江戸時代からはじまったようです。また、柏餅を食べる風習がありますが、柏は新しく芽が出て大きく育つまで、古い葉っぱが残り続けることから、「血筋が絶えず、家が絶えずに続いていくように」という意味が込められています。

おすすめの記事