一家の働き手が死亡したときに、残された遺族の為に国民年金保険から支給される遺族基礎年金があります。

遺族基礎年金の受給要件

次のいずれかに該当する人が死亡したときは、国民基礎年金をもらうことができます。

  1. 死亡日の前日において、死亡した月の前々月までの3分の2以上の保険料納付期間(保険料免除期間を含む)が国民年金の被保険者及び被保険者であった60歳~65歳の人
  2. 老齢基礎年金受給権と受給資格期間を満たしている人

※平成38年4月1日前の場合は死亡日に65歳未満であれば、死亡日の属する月の前々月までの1年間の保険料を納付しなければならない期間のうちに、保険料の滞納がなければ受けられます。

遺族基礎年金の受給資格の範囲

  1. 死亡した人の妻で、18歳未満の子のいる人
  2. 死亡した人の18歳未満の子

「18歳未満の子」-18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあるか、又は20歳未満で障害等級の1級若しくは2級に該当する障害のある子(未婚である者)です

遺族基礎年金の年金金額の計算

遺族基礎年金として、次の算式で計算された金額が支給されます。

○遺族基礎年金の年額(2016年4月1日)

受給者の区分 遺族基礎年金
妻がいる場合 妻のみ なし
妻と子1人 780,100円 + 224,500円 = 1,004,100円
妻と子2人 780,100円 + 224,500円×2=1,229,100円
妻と子3人 780,100円 + 449,000円 + 74,800円 = 1,303,900円
子だけの場合 子1人 780,100円
子2人 780,100円 + 224,500円 = 1,004,100円
子3人 780,100円 + 224,500円 + 74,800円 = 1,303,900円

※子が遺族基礎年金を受給する場合の加算は第2子以降について行い、子1人あたりの年金額は、上記による年金額を子供の数で除した額。

国民年金の保険料納付済期間と免責期間を合わせて25年以上ある夫がなにも年金を受けずに死亡したとき、10年以上の婚姻関係があった妻には、60歳から65歳の間寡婦年金が支給されます。
国民年金の保険料を3年以上納めた方が、なにも年金を受けずに死亡したとくい、遺族に死亡一時金が支給されます。

国民健康保険の手続き

国民健康保険の手続きも必要となります。死亡した日から14日以内に」保険証、印鑑、埋葬許可証等を持参のうえ、市区町村の窓口で国民健康保険証を返還。
その際、国民健康保険から葬儀を行った人へ葬祭費の支給もあります。埋葬許可証や通帳番号・銀行登録印などを持参し同じ市町村に届け出ます。

その他、母子家庭に医療費の保険診療による自己負担分を公費で助成する制度もあります。
※所得水準より算出する市町村と所得制限なしの市町村があります。

おすすめの記事