帰命頂礼薬師尊

三界衆生の父ははよ

一度名(みょう)号きくひとは

万病除いて楽を得(う)る

我等がために普(あまねく)くも

十二の大願たてたまう

日光菩薩は付き添いて

無明の暗(あん)を照さるる

月光菩薩は涼しくも

苦熱の煩悩掃(はら)はるる

子丑寅卯の十二神(じん)

歳月日時(としつきひとき)に守らるる

七千(ひちせん)夜叉の面々も

刹那も休息在(まし)まさず

あら有難や瑠璃の壺

甘露を湧かして淋(そそが)るる

此(この)信念のかたければ

我身も瑠璃光如来也

七(ひち)ぶつやくし無上尊

現當(げんとう)二世(にせ)を助けたまへ

おすすめの記事