詠歌御所三十三國西(廿一~卅ばん)

廿一ばん たんばの國あなうらでら

かかるよにうまれ
あふみのあなうやと
おもはでたのめ
とこゑひとこと

廿二ばん つのくにそうぢじ

おしなべておいも
わかきもそうぢじの
ほとけのちかひ
たのまぬはなし

廿三ばん つのくにかちをじ

おもくともつみには
のりのかちをでら
ほとけをたのむ
みこそやすけれ

廿四ばん つのくになかやまでら

のをもすぎさとをも
ゆきてなかやまの
てらへまいるは
のちのよのため

廿五ばん はりまの國きよ水でら

あわれみやあまねき
かどしなじなに
なにをかなみの
ここにきよみづ

廿六ばん はりまのくにほつけじ

はるははななつは
たちばなあきはきく
いつもたへせぬ
のりのはなやま

廿七ばん おなじくしよしさん

はるばるとのぼれば
しよしやのやまおろし
まつのひびきも
みのりなるらん

廿八ばん たんごの國なりあひ

なみのおとまつの
ひびきもなりあひの
かぜふきわたす
あまのはしだて

廿九ばん おなじくまつのをでら

そのかみはいくよ
へぬらんたよりをば
ちとせはここに
まつのをのてら

三十ばん あふみの國ちくぶしま

つきもひもなみまに
うかぶちくぶしま
ふねにたからを
つむここちして

おすすめの記事