詠歌御所三十三國西(卅一~ばん外)

卅一ばん あみふの國ちよう命寺

やちとせややなぎに
ながきいのちでら
はこぶあゆみは
かざしなるらん

卅二ばん おなじくくわんおんじ

あなたうとみちびき
たまへわんおんじ
とほきくにより
はこぶあゆみを

卅三ばん みのの國たにぐみでら

よろづよのねがひを
こころにおさめおく
みづはこけより
いづるたにぐみ

ばん外 おなじくたにぐみ

よをてらすほとけの
しるしありければ
まだともしびも
きへぬありけり

ばん外 おなじくたにぐみ

いままではおやと
たのみしおいづるを
ぬぎておさむる
みののたにぐみ

ばん外 くまののみようほう山

くまのぢをものうき
たびとおもうなよ
しでのやまぢで
おもひしらせん

ばん外 なら二ぐわつだう

ありがたやふしぎは
一や二ぐわつどう
わかさのみづを
むかへたまふぞ

ばん外 かくや山こうぼう大し

ありがたやたかのの
やまのいわかげに
だいしはいまに
おはしまします

ばん外 おなじく

とほくともいちどは
まいれぜんくわうじ
すくひたもうは
みだのけちゑん

ばん外 おなじく

わかくともすゑを
たよりにおもうなよ
むじやうのかぜは
ときをきらわず

ばん外 やたのぢぞうそん

われたのむこころを
みだにひきかへて
なむあみだぶつと
ゆうぞうれしき

ばん外 おとわのくわんぜおん

なむだいしきくや
おとわのくわんでおん
ごりしよはふかし
あらたなりけり

なむだいじ。だいひ。くわんぜおんぼさつ。
しゆじゆぢうざい。ごぎやくせうめつ。
じだびやうどう。そくしんじようぶつ。
(三べんとなへる)

おすすめの記事