詠歌御所三十三國西(一ばん~十ばん)

一ばん きいの國なちいさん

ふだらくやきしうつ
なみはみくまのの
なちのおやまに
ひびくたきつせ

二ばん きいの國きみでら

ふるさとをはるばる
ここにきみでら
はなのみやこも
ちかくなるらん

三ばん きいの國こかわらでら

ちちははのめぐみも
ふかきこかわらで
ほとけのちかひ
たのもしきかな

四ばん いづみの國まきのを寺

みやまぢやひばら
まつばらわけゆけば
まきのおてらに
こまぞいさめる

五ばん かはちの國ふぢい寺

まいるよりたのみを
かくるふぢいでら
はなのうてなに
むらさきのくも

六ばん やまとの國つぼ阪でら

いわをたてみづを
たたへてつぼさかの
にはのいさごも
じやうどなるらん

七ばん やまとの國をかでら

けさみればつゆを
でらのにはのけ
さながらるりの
ひかりなりけり

八ばん やまとの國はせ寺

いくたびもまいる
こころははつせでら
やまもちかひも
ふかきたにがは

九ばん ならのなんゑんどう

はるのひのはなんゑん
どうにかがやきて
みかさのやまに
はるるうすぐも

十ばん 山しろの國みむろでら

よもすがらつきを
みむろとわけゆけば
うぢのかわせみに
たつはしらなみ

おすすめの記事