遺産相続(いさんそうぞく)とは、故人が残した財産を受け継ぐことを言います。一般的に相続をするのは、配偶者と子ども、あるいは孫や親といった近親者が法定相続人となって遺産を引き継ぎます。

遺産相続を受けると相続税が遺産を受け継いだ人に課せられます。 家族が亡くなると同時に相続が開始されます。相続は相続人が複数いる場合では、遺産分割が解決するまでは、財産を移動することができません。

遺産相続では、まず相続人を確定することが必要です。法定相続人が全て確定されたら、遺言があれば遺言に従って相続の割合が決まります。 遺言がない場合は、相続人の間で話し合いを行い、相続の割合を決定します。

一般的には、不動産を妻が、預貯金を長男がといった風に、金額にかかわらず、残った財産をそれぞれ分割しやすいように相続するケースが多いようです。

全員が一致の結論に至らない場合や、提示された遺産相続の内容に不服がある場合、民法で定められた相続の遺留分に関して、権利を申し立てることができます。 法定相続人には、民法で定められた割合に関して、遺産を相続する権利があります。

おすすめの記事