2014年えべっさん・十日戎・商売繁昌・商売繁盛

寒いですね~!!

今シーズンで一番寒いらしいですよ・・・

そう言えば昨日も雪がちらほら舞ってましたね

そんな寒い中、またまた恒例の『えべっさん』に行って来ました!

毎年行っているのですが、今回は7人というちょっとした団体で行きました。

行く時間もいつもより遅いせいか、あまり活気が無かったような・・・

で、笹に飾りを付けて頂いて、これまた恒例のえべっさんの形のした焼きたてベビーカステラを買って帰りました

帰ったらまさかの朝5時半!?

寝むすぎです・・・

今年はパワフルに行動するぞー

       プーたんでした

十日戎(とうかえびす)

 毎年1月10日は十日戎といわれこの日を「本戎(ほんえびす)」、前日の1月9日を「宵戎(よいえびす)」、翌日1月11日を「残り福(のこりふく)」と称し三日を祭礼の日としています。

「戎(恵比寿)」様は、「七福神」の中の一人で、釣り竿と片手に鯛、もう片方に釣り竿を持って満面の笑みを浮かべている神様です。遠くの海からやってきて人々をしあわせにする神様だといわれ、漁業の神、商売繁盛の神、福の神として親しまれています。

 この祭礼では、枝先に縁起物を飾った「笹」を売り賑わいます。その「笹」を売るときのかけ声が、かの有名な「商売繁盛で笹もってこい!」なのです。

 戎様自体は全国的に有名ですが、十日戎というのは関東の人には馴染みが薄く、関西中心の行事。東京にはエビス神社が30社もありませんが兵庫県や京都府は200社以上、広島県に至っては400社を超えるそうです。

最も賑やかな大阪の「今宮えびす神社」と兵庫県の「西宮神社」の十日戎が有名で大変なにぎわいを見せます。

おすすめの記事