通常、欠礼する人の範囲は、2親等までの親族もしくは故人と同居していた人です。また、欠礼状を出す相手は、毎年年賀状を出している方々です。ただし、最近は公私を分けて考え配偶者側の喪である場合や仕事の関係先に対しては欠礼状を出さずに例年通り年賀状をだす方々が増えてきています。

欠礼の範囲について

近親者を亡くした場合、身内の不幸を悼み喜びの表現を控えるため、その翌年の正月はお祝いせず、年賀状を出さないことが一般的です。そのため喪中で年賀状を出せないことを相手先に伝えるため、12月上旬までには相手先に届くように年賀欠礼状を出すようにします。

欠礼する者の範囲は、通常 2親等までの親族もしくは故人と同居していた人とされています。父母、配偶者の父母、子、兄弟姉妹、祖父母、配偶者の祖父母、孫、配偶者の兄弟姉妹までが、2親等となります。ただ最近では、2親等の親族であっても祖父母、配偶者の祖父母や配偶者の兄弟姉妹が亡くなった場合、故人と同居していない場合には、欠礼としないことが多くなってきました。

また、公私を区別して考え配偶者の喪である場合や仕事上の関係先には、服喪に関係なく欠礼を省略し例年通り年賀状を出すことも増えてきました。

欠礼状を出す相手とは

欠礼状は、毎年、年賀状のやり取りしている方々に出すようにします。その場合、喪中であることを知っている方であっても礼儀として、欠礼状を出します。また、故人の死亡を知らせておきたい方へも出しておくことをお勧めします。欠礼状を出した人と故人との関係がわかるように故人の名前や故人との続柄を記しておくことが好ましい。(ご親族は、お互いに喪中であったり、状況をよくご存知の場合もありますので、喪中はがきを省略されることもあります。)

欠礼状が届いた時

欠礼状を受け取った場合は、年賀状を出さないようにします。もしも、欠礼状に返事を出したい場合は、1月7日以降に寒中見舞いとして出すようにします。最近、若い方の間では、寒中見舞いではなくクリスマスカードで返事を返すことも増えてきているようです。また、喪中を知らせていなかった相手から年賀状を受け取った場合には、新年の挨拶状ではなく、誰が亡くなったかがわかる文面を付し「喪中につき 年始のご挨拶を控えさせていただきました 今年もよろしくお願いいたします」と言った内容の文面で締めくくり返事を出しましょう。

おすすめの記事