賃貸契約の場合は、そのまま住み続けることが可能ですが、使用賃貸契約の場合は、家主が承諾に応じない限り住み続けることはできません。

賃貸契約の場合について

夫が借主となっている借家契約などの被相続人の権利や義務は、相続人が承継されます。相続人が複数いる場合は、一応相続人の全員が承継することになりますので、遺産分割協議により、妻が借家契約関係の一切を相続されることにすれば問題はありません。

被相続人が亡くなった場合に、家主が借主の変更を理由に契約更新と更新料の支払いを求めてくる場合があります。これについては応じなくても法的には問題はなく、契約書の書き換えなくても済み続けることが可能です。また、内縁の妻の場合であっても被相続人と同居していれば、住み続けることができます。

使用貸借契約の場合について

契約が「使用貸借」であった場合には、借主であるご主人の死亡により、原則としては契約が終了しますので、家主が承諾しないと住み続けることはできません。使用貸借契約とは、賃料を支払うことなく無償で借りているか、少額の金銭を支払い負担であっても、建物維持費や固定資産税程度の金額にすぎない建物賃借契約を示します。

使用貸借契約であっても家主にお願いして、その好意により住み続けることができる場合(新たな使用貸借契約の成立)もあります。また、転居しなければならない場合でも、転居先が決まるまでの期間については了解していただけるかと思われます。

おすすめの記事