困った時のおススメ記事
連帯保証人になっていたときには?

亡くなった父が、友人の連帯保証人になっていたことがわかりました、相続人が連帯保証人をやめることができるでしょうか?

相続放棄しないと連帯保証の責任を引き継ぐことになります

相続人は、相続放棄するか、債権者(貸主)が承諾しない限り、連帯保証の責任を引き継がなければなりません。

連帯保証債務については、借金の債務と同じように、被相続人の死亡により、相続人が法定相続分に応じて相続します。

相続人が複数いる場合、各経堂相続人は、それぞれが主たる債務者(連帯保証してもらった者)の債務額に対し、法定相続分の割合の限度で、分割された連帯保証債務を負担しなけらばなりません。

例えば、主債務者の支払うべき金額が1,000万円であっり、相続人が配偶者と子供が2人であれば、配偶者が500万円、子供2人はそれぞれ250万円の限度で連帯保証債務を負うことになります。

相続人が連帯保証人をやめたいのであれば、他に相続財産がない場合には、相続放棄することで、連帯保証人の責任を免れることができます。相続放棄しないのであれば、連帯保証債務は、主債務者が借金などの債務をすべて弁済しなければ消滅しません。

解決方法としては

主債務者に依頼して債務者と交渉し、代わりの担保を差し入れるか、別の連帯保証人を立てることを承諾してもらい、債権者に連帯保証債務を外してもらうほかありません。

実際には、かなり交渉が難航すると思われます。多額の連帯保証がある場合などは、弁護士に依頼し、主債務者や債権者との交渉してもらうことをお勧めいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう