困った時のおススメ記事
借金などの債務の確認はどうすればいいの

夫が亡くなりました。消費者金融などに借金がないかが心配です。どうしたらよいのでしょうか?

財産の把握は重要なポイント

多額の借金が残されている場合は、相続放棄手続きも考えなくてはなりません。まず、誰(金融機関・クレジットカード会社・消費者金融・親族・友人など)にどのくらいの借金があるのかを調べて、財産が「プラス」なのか「マイナス」なのかを把握する必要があります。

債務の確認方法

債務は、次のような方法で確認します。

残された書類を調べる。

金融機関などから送られてきた書類が残されていれば、その金融機関と何らかの取引があったことがわかります。相続人であることを示し、その金融機関に問い合わせてみます。

ただし、借金相手がヤミ金業者などであるときは、絶対に直接連絡することはやめてください。かならず弁護士や司法書士などの専門家に相談してください。

預金通帳を調べる

預金通帳を見て、定期的な出金があれば借入金があり、その返済をしていたのではないかと考えられます。

会社・取引先に問い合わせてみる

会社に勤められおられた場合は、従業員貸付金制度などで会社から借金をされていることもあります。会社の人事担当者に確認してください。また、自営業者の場合には、取引先などに連絡を取り債権債務を確認する必要があります。

なお、連帯保証債務は、被相続人の死亡後何年も経過してから請求されたこともありますので、特に、注意が必要です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう