お葬式はシンプルに済ませ、残ったお金は生活に役立てたい

故人様は自営業をされていましたが、仕事中に脳梗塞で亡くなられました。娘にあたるDさんは、最近、ご主人と住宅ローンの頭金を支払ったばかり。故人様も蓄えは殆どありませんでした。そこで、お葬式はシンプルに済ませ、残ったお金は生活に役立てたい、とのご希望をお持ちでした。

 

Dさんの場合
・喪主様:Dさん 32歳(専業主婦)
・故人様:64歳(病院でお亡くなり) 

・備考:故人様は自営業で蓄えがなく、喪主様も住宅ローンの支払いなどで余裕がないため、お葬式はシンプルに済ませたい。

 

Dさんに最適なプランは

通夜式・告別式をおこなわず、火葬のみのご遺族に負担のかからないお葬式です。

通夜式・告別式は「儀式」を行うので、準備も来客対応も大変です。小さな火葬式はこのどちらも行わないのでご遺族にとって、体力的にも精神的にもご負担のないサービスです。
故人へのお気持ちは、葬儀費用を掛けることで実現されるのではありません。
贈る葬儀こころはご遺族のお気持ちを「尊重」する葬儀です。こういったシンプルな葬儀に抵抗のある方もいらっしゃるかもしれませんが「贈る葬儀こころ」は必要なものを取り揃えたご遺族に負担にならないプランとなっていますので安心してご利用いただくことができます。

お葬式の金額が故人様への気持ちの大きさではありません止む終えないご事情や、故人の遺志でお金をかけずにお葬式をしたいとお考えの方は多くいらっしゃいます。
こういったシンプルな葬儀・葬式に抵抗を感じておられる方もいらっしゃいますが、一番大切なのは故人へのお気持ちです。
それは、お葬式にかける葬儀費用や葬祭(儀式)の規模の大きさとは全く関係ありません。
最もシンプルな「火葬式[直葬]」をお勧めします。

贈る葬儀こころ 火葬だけのお葬式 10万円(税別)

お客様の状況や希望に沿った葬式を紹介

  *それぞれをクリックすると詳細が見れます

Aさんの場合もう高齢だから呼べる人がいない
Bさんの場合呼べる人は少ないが家族で葬式を行いたい
Cさんの場合 ご近所に友人がいるので自宅でお葬式をしたい
Dさんの場合
とにかくお葬式を安くすませたい
Eさんの場合
自宅には寝かせられないのでどこかで預かってほしい
Fさんの場合
自宅で看取りをしたので自宅から見送りたい

こんな時どうすればいい?【お葬式のご依頼前・実施前】

親戚が勝手に決めた葬儀社だが断りたい…
親戚が勝手に決めた葬儀社を断りたい…
見積金額も内容も希望と合わないのでお断りして、贈る葬儀こころにしたい

病院から紹介された葬儀社だが断りたい…
病院から紹介された葬儀社だが…
すでに遺体は引き取られているが、プランが合わないのでキャンセルしたい

遺体は警察に安置中なので引取日時がわからない
遺体は警察に安置中なので引取日時がわからない
遺体が警察に安置中なので、葬儀の準備をどう始めればいいかわからない

 

お電話はこちら