骨壷について

東日本と西日本

東日本と西日本とでは使用する骨壷のサイズに違いがあります。
・東日本は遺骨の全部を収めるため7寸
・西日本は遺骨の一部を収めるため5寸
(地域性や風習によって多少異なります)

男女の違いなどでお骨のサイズが変わることはありませんので、遺骨を納める量によって骨壷の大きさが変わってきます。
(※近年では西日本でも遺骨を全部収めたいという要望から7寸サイズの骨壷を選ばれる方が増えてきています。)

2寸、2.3寸、3寸、4寸、5寸、6寸、7寸があり、他には特大サイズの8寸もあります。

・大きさの表し方としては、昔ながらの尺貫法の「寸」で表示され、1寸は約3.5cmなので、5寸であれば約17.5cmです。骨壷の場合には胴の部分の直径を表します

骨壷2寸から8寸サイズ
※500mlのペットボトルが高さ約22cm

*関西地方ではすべての遺骨を収骨しない部分収骨が主流です。
 足元、腰、腕、胸など主要な部分をまんべんなく集め、最後に喉仏と頭で蓋をし骨壷の中で人間全体が成り立つように収骨します。

*喉仏は別名「舎利(しゃり)」と呼ばれその形が仏様が座禅を組んでいる形と似ていることからとても大切にされています。

*残った骨(残骨灰)は火葬場によって異なりますが主には敷地内の供養塔に埋葬され供養されます。

 

 

 

分骨について

「すでに骨壷に納められてしまっているお骨を、再び骨壷から取り出して分骨しても大丈夫?」
分骨を希望されるご遺族の中には、こうしたご心配をされる方もいらっしゃいます。

 

Q骨壷から取り出して分骨しても大丈夫?
A大丈夫です。何も問題ありません

いったんすべてのお骨が骨壷に納められてしまった後、お墓への納骨を待つ間などに分骨が必要になったとき。こうした場合には、自分で骨壷を開けてお骨を取り出してかまいません。
宗教的にも、もちろん法律的にも何も問題はありません。

また、骨壷から、分骨骨壷に移される際に、「お箸で移した方がいいの?」「手で移した方がいいの?」とのご質問を頂くこともございますが、大切な方のご遺骨ですので、手で移されても、お箸をお使い頂いても、どちらでも構いません。
(約800℃の高温で火葬されているご遺骨は、衛生上も問題ございません。)

Q骨壷から分骨すると良くないことが起こるのでは?
Aそんなことはございません、ご安心ください。

故人様の魂はすでに安らかな場所へと旅立たれており、お骨には魂が宿っているわけではありません。お骨は故人が遺していかれた“生きた証”であって、故人その人ではないのです。

お骨を骨壷から取り出す、分骨する、小さく砕くといった行為は、宗派を問わず古来から一般的に行われてきました。それらは、むしろ尊い行為とされていますので、ぜひご安心いただければと思います。

Qお骨はあまり細かく分けないほうがいいの?成仏できないのでは?
Aそんなことはございません。根拠のない迷信に過ぎません。

お釈迦様は世界7箇所に分骨され、それがさらに細かく分けて祀られているそうです。
供養の気持ち、故人を偲ぶ気持ちがありご家族で分骨されて大事にされていれば
故人様にも喜んでいただけるのではないかと思います。

 

 

 骨壷から分骨する際の注意点・手続き

①「分骨証明書」をもらっておく
分骨したお骨を改めて埋葬する時のために「分骨証明書」を取得しておきましょう。

この証明書は、火葬場もしくは火葬場を管理する役所にて発行してもらえます。
火葬場の受付に申請すればその当日に貰えます。

②喪主の許可を取る
お骨は法律上、喪主が所有者となっていますので、喪主の許可なしに勝手に取り出せません。
また分骨に対する考え方も人によってさまざまですので、後々のトラブルにならないよう、喪主の了解を得た上で行いましょう。

 

 

骨壷が不要になったとき

お墓のお骨を整理したいけれど、いらなくなった骨壷はどう処分すればいいの?」というお悩みも多いようです。不要になった骨壷の処分の方法について、ご案内いたします。

 

骨壷が不要になるとき

・お墓のお骨を整理したとき
 先祖代々にわたり永く受け継がれてきたお墓など、時間経過によって、お墓の中が骨壷でいっぱいになってしまうときがあります。
 こうした場合には骨壷からお骨を一旦取り出し、お墓の内部の土に撒いたり、数体分を1つの 骨壷にまとめたりして、お墓のスペースを空けるのが一般的です。
 お骨の整理をしますから、空になっていらない骨壷が出てきます。

・墓じまいを行ったとき
 「墓じまい」はお墓の中にあるお骨を取り出して、永代供養墓などに改葬したり散骨などで別の場所に移し、お墓を解体して処分すること。
 近年、後継者のない家庭や、あっても遠くに住んでいるなどで、将来的に現在のお墓を継いで守っていくことが困難になると思われる方が増えています。
 それに従い、「墓じまい」を選択 をされるケースがたいへん多くなっています。
 永代供養には、使っている骨壷のまま改葬したりもしますが、散骨や骨壷の移し替えで、古い骨壷がいらなくなる場合があります。

 

 使わなくなった骨壷の処分方法

・不燃物として処分する
お骨を取り出して空になった骨壷は、単なる“容れもの”にすぎません。したがって、住んでいる自治体の決まりに基づき、不燃物として処分できます。
ただし回収場所に出すときは、人目につかないよう、骨壷の形が分からなくなるくらいに砕きましょう。
とくに故人の名入りの骨壷は、名前が判別できないように完全に砕いて処分されることをおすすめします。
自治体のゴミの出し方にもよりますが、できれば新聞紙などでくるみ、収集される方が砕いたカケラでケガをされないように配慮しましょう。

・処分を依頼する
不燃物として回収に出したり、骨壷を砕いたりするのが、どうしても心情的に抵抗があるという方もいるでしょう。
大事なお骨を守ってきた骨壷にそのような畏敬の念を持つのはごく自然なこと。
自分で骨壷を処分するのに抵抗がある場合は、納骨を依頼した石材店などへ依頼する方法もあります。
料金は業者によって違いますから、あらかじめしっかりと確認しておきましょう。
また、寺院によっては「お焚き上げ」として、供養をしてから処分を行っているところもあるようです。
まずは一度、菩提寺に相談してみるとよいでしょう。