困った時のおススメ記事
哀悼(あいとう)

哀(あい)は、「哀(かな)しい」とも読みます。

「悲しい」と語源が一緒で、切なくて胸が痛むことです。悼(とう)は、「悼(いた)む」とも読み「痛む」という字と語源が一緒です。「人が亡くなったときに自分の心を痛める」という意味を持ちます。

「哀悼(あいとう)の意(い)を表(ひょう)します」など表現で使われ、 「意を表する」は、「気持ちを表す」という意味ですから、「哀悼の意を表します」は、亡くなった方のことを思うと悲しくて心を痛めています ということになります。

ただし、お葬式の席でご遺族に直接話しかける際、「哀悼の意を表します」とは使用しない方がよいでしょう。

基本的にこの言葉は弔電の中で使われているからです。「表(あらわ)す」ではなく「表(ひょう)す」という 漢字の音読み+サ行変格活用 という表現にしているのも、 文語として使用されることを前提としてるからだと思います。

話し言葉の中で使うと失礼というわけではないですがちょっと違和感を感じるはずです。また弔電で使う際、さらに弔意を強調したい場合は、頭に「謹(つつし)んで~」を付け加えるとよいでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう