困った時のおススメ記事
荒火明け(あらびあけ)

荒火明け(あらびあけ)とは、748年(天平20)に元正天皇の初七日の法要が飛鳥寺で行われたのが初見で、このとき以来、初七日からはじまる7日目ごとの仏事が行われるようになった。

この日まで家にこもり葬式の事を行っていた喪家の親族一同が、近隣の者とともに酒飯を食する日、葬事の終了を意味する日でもある。たとえば、滋賀県の塩津浜では初七日まで(死者の寝ていたところをひやすな)といってそこに喪主が寝たり、初七日の当日、葬式を手伝ってくれた人に酒食を供する。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう