困った時のおススメ記事
後祓いの儀(あとばらいのぎ)

後祓いの儀(あとばらいのぎ)とは、神道における出棺の後、関係者全員をはらい清める儀式。

出棺が終わると残った人は祭壇を片づけ(仮霊舎がある場合)、家の内外を清掃したり、手水の儀を行ったりして、神職にお祓いをして清めてもらいます。これが後祓いの儀ということになります。神道では、死は穢れという考えがありこのようにして出棺の後は周りを清める行事を行います。

関係者は、まず手水の儀を行い、小案の前に座ります。神職の祓詞でお祓いが始まります。仮霊舎から部屋、家の内外へと後祓いの儀を行います。 仮霊舎のない場合は、遺骨が戻ってくるまでに祭壇を準備しておきます。同時に、火葬場から戻る親族や関係者のために、手水の儀の準備を、玄関口などに準備しておくようにします。火葬場から戻ってきた人たちは、建物に入る前に手水の儀を行います。入口で柄杓から水を手にかけてお清めをします。両手を清めたら、塩を用いて身体を清めます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう