兄が、墓地や仏壇の管理は一切しないと言っています。墓地や仏壇は誰が管理すればよいのでしょうか

管理者が決まらないときには裁判所へ

墓地や仏壇の管理は、祖先の祭祀(さいし)を主宰すべきものが承継すると定められています。

仏壇、位牌、墓石などの祭祀財産は、相続財産としては扱われません。墓石の敷地になっている墓地は、通常、この祭祀財産に含まれます。ただし、脱法的な目的で作られた特別高価なもの(ありえないとはおもいますが、純金製の位牌など)は、通常の相続税として扱われると考えられます。

これらの祭祀財産については、一般の相続財産とは別に、祖先の祭祀を主宰すべき者が承継すると定められています。この指定は、遺言その他の文書でされていれば問題ないのですが、口頭や黙示的な指示でもよいとされています。

故人の指定がない場合は、慣習に従って祭祀財産の承継者を決定します。慣習がはっきりしないとか、慣習の内容に争いが生じるときには、家庭裁判所が指定することになります。

おすすめの記事