贈る葬儀こころ

直葬(ちょくそう)

直葬(ちょくそう)とは、通夜・告別式などの儀式的なことを行わず、ご逝去後、24時間以上経過したのち火葬を行う葬儀のかたち。近親者や友人など限られた関係者のみで執り行うケースが多い。葬儀費用は平均20万円程度と安価であり、従来の葬儀終了までに費やしてた時間が軽減できることが利点である。

しかし一方で、十分なお別れの時間が取れないや死亡のしたことを連絡しなかった人々からの反感を招く場合もあるため、葬儀後に個別の弔問が多発するといった問題が起こりうるリスクも否めない。経済的な問題や宗教観の変化、人間関係の希薄化などにより、2000年以降、都市部を中心に増加。