葬儀会社の葬儀プラン料金には、必ず「火葬場・斎場の火葬料は別料金」という記載があります。
「火葬料込み」プランの場合も、「火葬料が35,000円を超えた場合は差額を徴収」など、分かりにくい料金となっています。

贈る葬儀こころの「明瞭会計108,000円(税別10万円)」も、「火葬場・斎場の火葬料は別料金」とさせて頂いております。

何故、このような分かりにくい料金となってしまうのでしょうか。

それは、火葬場の火葬料が火葬場によって大きく異なるからです。

・火葬場ごとに火葬料は異なる
・同じ火葬場でも住民向け料金と非住民(住民でない方)向けの料金が異なる

となっています。

贈る葬儀こころの本拠地のある奈良市の奈良市東山霊苑火葬場を見てみましょう。

奈良市東山霊苑火葬場

大人料金で、
・奈良市民の方は 10,000円
・市外の方は 50,000円

最近よく伺う四條畷市の飯盛斎場の場合はどうでしょうか。

飯盛斎場

大人料金で、
・関係市(大阪府守口市、門真市、大東市、四條畷市)の方は 20,000円
・その他の方は 10,0000円

これだけ見ても、10,000円と100,000円と実に10倍もの金額の差となってしまいます。
自治体によっては、住民火葬料を無料としている自治体もあり、また、火葬場の無い自治体(近隣の火葬場を市外料金で利用)もあります。

なので、この部分は事前に明確に提示するのが難しいのです。

贈る葬儀こころでは、全国の火葬場の情報をまとめております。
故人様の火葬料がいくらになるか知りたい方は、
全国47都道府県の火葬場・斎場
をご覧ください。

おすすめの記事