葬儀を終えると様々な手続きや応対などをしなければなりません。お葬式自体は、葬儀業者や親族・近隣の方々の協力ですすめていくことができますが、以後のこととなるとご遺族の方々自らが行わねばなりません。

葬儀終了後に行うこと

  1. 病院や医療機関への支払い
  2. お世話になった方へのあいさつ・引継ぎ関係
  3. 相続などの法的手続き
  4. 法要・納骨・供養(四十九日など)

病院や医療機関への支払い

つい、取り込みに紛れて忘れがちになるのが医療費の支払いです。死亡診断書をもらいに行くときか、遅くとも葬儀の翌日に済ませましょう。謝礼や心付けは特に不要。

挨拶まわり

まず、お葬式が終わったらすぐに、世話役や受付をしてくださった方からの事務的な引継ぎをします。香典、会葬者名簿、現金出納帳、香典帳、供花供物帳、弔電などを受け取ります。その際、必要経費を立て替えてもらっていた場合もありますので、「立て替えはありませんでしたか?」とお聞きし、その場で精算しましょう。

その日のうちに、各請求書や領収証、納品書等を整理し、出納帳と照らし合わせ出金額と未払い額を確認します。葬儀に掛かった費用は、「相続税の控除対象」となりますので、出納帳は正確に記載し、各書類は後からでも全て分かるように保管しておきます。会葬者名簿の整理と香典長の整理も、返礼品を贈る際にすぐ必要になりますから、忘れずにしておきましょう。

名義変更などの諸手続き

これもまた量が多くて大変。頑張って片付けていきましょう。

葬儀終了後の記事一覧
遺族補償給付