困った時のおススメ記事
ご詠歌(ごえいか)

ご詠歌(ごえいか)とは、仏教の教えを五・七・五・七・七の和歌と成し、旋律=曲に乗せて唱えるもの。

日本仏教において平安時代より伝わる宗教的伝統芸能の一つである。五七調あるいは七五調の詞に曲をつけたものを『和讃(わさん)』と呼ぶが、広い意味では両者を併せて『ご詠歌』として扱うことが多い。

田舎を中心に本家に集まりどの家からも木柾や木魚などの音が聞こえ賑やかだったが、近年では宗教の解釈や伝統の断絶、改宗や無宗教により旧家くらいでしか見られなくなった。一方、現在でも四十九日の法要まで家族や縁者が毎日、詠唱する地域・宗派もある。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう