贈る葬儀こころ

御仏前(ごぶつぜん)

御仏前(ごぶつぜん)とは、仏様になった故人に捧げ供えるとの意味合い。仏教の法要時の際に喪家に対して贈る弔慰金の表書きの献辞(上書き)に用いられます。

仏教では忌明けまでを御霊と考え忌明け後は仏様になるとの考えから忌明け後の法要に用いられ生前お世話になった故人への供養にあわせて、遺族の葬儀や法要に掛かる費用の一部を負担しあうとの相互扶助の意味合いもあります。位牌の前に供える品に記す語。