困った時のおススメ記事
グリーフワーク(ぐりーふわーく)

グリーフワーク(ぐりーふわーく)とは、精神分析学ジークムント・フロイトにより発見した概念。

「喪の作業(あるいは悲嘆のプロセス)」

■第1段階:ショック期
大切な人の死によるショックのあまり、感覚が麻痺したような状態になります(涙が出ない、感情が湧かないなど)

■第2段階:喪失期
死を現実に受け止めようとするものの、まだ充分には受け止められない段階。

■第3段階:閉じこもり期
死を現実に受け止めることができる段階ではありますが、同時に、これまでの価値観や自分の存在価値を失いやすい時期。

■第4段階:再生期
故人の死を現実としてしっかりと受け止め、乗り越えていく時期。

ジークムント・フロイト(ドイツ語: Sigmund Freud、1856年5月6日 - 1939年9月23日)は、オーストリアの精神分析学者、精神科医。オーストリアの白人系ユダヤ教徒アシュケナジムの家庭に生まれた。神経病理学者を経て精神科医となり、神経症研究、心的外傷論研究(PTSD研究)、自由連想法、無意識研究、精神分析の創始を行い、さらに精神力動論を展開した人物。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう