贈る葬儀こころ

墓(はか)

墓(はか)とは、遺骨(または遺体)を葬り、故人を弔う場所。
四十九日(満中陰)がおわりますとお墓に遺骨を納めます。地域によっては、既にお墓がある場合、葬儀が終わった当日や翌日など、すぐに納めることもあります。
お墓はもともと、お釈迦様の舎利(遺骨)を納めた仏塔に由来します。お釈迦様は入滅(にゅうめつ)に際し「荼毘(だび)に付した後、遺骨を納めた仏塔を建てよ。そこで華や香を供え礼拝し、心を清めて信じる者は、死後、天界へと生まれ変わるであろう」いう言葉を残されました。このお釈迦様の仏塔をサンスクリット語で「ストゥーパ」といいますが、漢字に直すと「卒塔婆」となります。現在、法事などを行う際に、お寺の住職が長細い木製の板に戒名を墨で書いて持参します。これを卒塔婆(塔婆)といいます。法事を行うたびに石塔を建てるのはたいへんですから、木製の板で代用し供養しているのです。
昔、権力のある方は陵、古墳を築き、お墓を建てましたが、一般の庶民はお墓を持ちませんでした。では、遺体をどうしていたかといいますと、葬ってよいとされる指定場所の地に埋めたり、おいて来たりしていました。やがて、それまでの「自分は、村の一人」という感覚から自立し「家」という認識が確立して、自分たちの先祖の墓を所有するようになりました。明治時代末頃までは「個人墓」であり、以降は「〇〇家之墓」と刻まれた「家墓」となりました。

葬儀に関連する用語は普段は使わないものです。
なかなか耳にする事がありませんので解説致します。

数字・アルファベット