毎年四月八日は、「花祭り」といい、仏教を開かれたお釈迦様が生まれた日とされています。「仏生会(ぶっしょうえ)」「灌仏会(かんぶつえ)」ともよばれ、数多くの寺院でお釈迦様の誕生をお祝いする法要がとり行われます。

お釈迦様は、今から約2600年前のインド北部のカピラヴァスト(現:ネパール)に栄えていた釈迦族のスッドーダナ王(浄飯王)とマーヤ妃(麻耶婦人)との王子として誕生しました。名前を「ゴータマ・シッダッタ」といいます。ゴータマ「最上の牛」・シッダッタは「目的成就」を意味します。

ある日、マーヤ夫人(麻耶婦人)は6本の牙をもつ白い象が自身の右脇から体内に入る夢を見ました。その瞬間に、お釈迦様がマーヤ夫人(麻耶婦人)の胎内に宿られました。出産時期が近づいたマーヤ夫人(麻耶婦人)は隣国の実家での出産を望まれ、大勢のお供を引き連れて故郷へと向かいました。

その途中、ルンビニー花園で休憩していたところ、アショーカの樹の枝に手を伸ばしたマーヤ夫人(麻耶婦人)は急に産気づき、自身の右脇よりお釈迦様を出産しました。お釈迦様は、生まれてすぐに7歩あゆみだし、右手で天を、左手で地を差し
「天上天下唯我独尊」と言われたと伝えられています。

また、生まれたお釈迦様を帝釈天(たいしゃくてん)が抱き上げると、天から9匹の龍が香水を注いで祝福したとされています。花祭りには、屋根や柱を花で飾った「花御堂」の中に、お釈迦様の像を安置し、頭上から「甘茶」をそそぎます。「花御堂」はルンビニーの花園を「甘茶」は9匹の龍が注いだ香水を再現したとされています。

おすすめの記事