遺産(いさん)とは、人が死亡時に所有していた財産こと。ただし、所有権や債権だけでなく負債も含まれる。

プラスの財産としては、現金・預貯金・土地・動産(自動車・船など)・家屋・借地権・事業財産・家財・投資信託・有価証券・貸付金・配当金・著作権・生命保険で受取人が本人の名義のものなども遺産として相続の対象になります。

プラスの財産だけでなくマイナス財産である借金・住宅ローン・葬式費用・未払金・債務保証なども遺産として相続の対象になります。 故人に多額の負債があり、相続をすることにより不都合が生じる場合には、相続放棄を選択することで、負債を追うことを避けることができます。

相続放棄には被相続人の最後の住所を受け持つ家庭裁判所に3カ月以内の申述する手続きが定められています。

遺産は墓地、死亡退職金、受取人が指定されている生命保険以外は、分割対象になります。 相続する遺産は、民法の規定にしたがって法定相続分の割合通りに分配されるのが原則ですが、法律は強制されるものではないので、相続人同士が同意することができれば、当事者の同意に基づいた分配が可能です。 複数の相続人が相続分の割合によって遺産を分割するため、同意に至らない場合には、もめごとが起こることもあります。

おすすめの記事