贈る葬儀こころは、2019年8月31日をもちまして、営業を終了いたしました。
長きにわたるご支援、ありがとうございました。

直葬とは?

「直葬」は、「ちょくそう」「じきそう」などと読み、比較的新しいお葬式のカタチを示す言葉です。

近年、主流化しつつある「家族葬」は単に小規模なお葬式を指します。
(規模が小規模なだけで、従来通りの「通夜式」や「告別式」があります)

「直葬」は「通夜式」や「告別式」などの儀式を行わず、ご家族だけで火葬のみを行う最もシンプルなお葬式です。

直葬を行うメリットは?

  1. 故人さまのご希望に沿う
    (ご家族への感謝、残ったご家族に負担をかけたくない)
  2. お財布にやさしい
  3. 長時間の対応が要らない
  4. 複雑な手続きが一切なく簡単

通夜式・告別式の準備や参列者の対応で駆け回ることもなく、経済的・体力的・精神的にもご負担が少ないのが直葬の特徴です。

直葬利用者の割合は20%以上

2013年にNHKが行った調査では、関東圏の葬儀の22%(5人の内 1人)が直葬と発表されています。関東、近畿エリアでは割合が高くなる傾向があり、そのような都市部での割合は20%以上になっています。

直葬あれこれ

直葬もっと詳しく!

直葬についてもっと詳しく知りたい方はこちら

直葬によくある間違い

直葬(ちょくそう)という”文字”から、「病院や老人ホームなどの施設から直接火葬場へ故人様を搬送する」と思われる方がたくさんいらっしゃいますが間違いです。
何が違っているのでしょうか?