困った時のおススメ記事
遺影写真(いえいしゃしん)

遺影写真(いえいしゃしん)とは、本来は故人を偲ぶために作られる写真。(=葬儀の際、祭壇などに飾る個人の写真のことをさします。)葬儀が終わった後には、後飾り壇や仏壇の近くに飾られるのが一般的です。(満中陰後は、なるべく高い位置に飾ります。)遺影写真を選ぶ際にのポイントは、お亡くなりにられた時期に近い写真を選ぶようにします。ただし、ここ数年は病気がちで遺影写真にするには好ましい写真でない場合は、元気な頃の写真を選んでも良いでしょう。

時間の限られた葬儀の準備の中で、納得のいく遺影写真を選ぶことは負担のかかることです。生前から遺影に使う写真を選んでおくことも方法です。なるべく、本人が大きく写っている写真を選ぶことがよいですが、小さな写真であっても、パソコンやデジタル技術の進歩により、スナップ写真から本人だけを抜き出すことも可能となり短時間のうちに元写真の服装や表情を遺影にふさわしいものに修正することができます。

最近では、遺影写真に選ぶ写真は微笑んでいる写真など普段の故人を思い出せるような写真を選ぶ傾向があります。 写真の印刷についても、一昔前は遺影写真と言うと白黒が一般的でしたが、現在ではカラー写真を使用するのが主流になっています。また、あらかじめ亡くなる前に自分で遺影写真を選んでおいたり撮影しておく場合や遺影写真を預かるサービスを行っている会社に預けておく人もいます。

[amazonjs asin="B002B78EVW" locale="JP" title="ナカバヤシ 肖像額(葬儀用写真額縁) 黒線入(ハ○) フ-SS-20 326465"]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう