困った時のおススメ記事
遺品整理(いひんせいり)

遺品整理(いひんせいり)とは、遺品を整理すること。=遺品処理・遺品処分

日記・手紙・手帳(住所録やメモなど)・預金通帳などは、2年間程度は必要になる場合もあるので保管し、書籍などは地域の図書館や学校などに寄贈されることもあるが、中には引き取り手のつかない、あるいは財産としての処分を行うこともできない物品もある。遺品整理の外部委託先としては、便利屋、特殊清掃業務会社、遺品整理専門会社などがある。

その大切な思い出の品を時間をかけて整理していくことが遺品整理です。遺された家族にとっては、思い出を処分したくないが保管できるような場所もないなど、突然の事で対処に戸惑う事も多く何をすればいいのかわからない。

そのような場合、遺族の方々の悩みや要望に応えてくれるのが「遺品整理代行サービス」です。

遺品の種類も小物から建物そのものまで多岐に渡っており、処分の方法もそれぞれに違います。そのため、個人での遺品整理は非常に困難です。

そんな時に、大切な遺品をご遺族に代わって丁寧に整理するのが、遺品整理代行サービスです。肉親が急に亡くなって、その遺品を整理しなければならない。遠方に暮らしているので自分で整理する時間が取れない。

すぐに整理したいが、あまりにも量があるため、どうしていいか分からない。など、それぞれの事情に合わせて遺品整理を代行してくれるサービスがあります。特に突然の場合には、どうしたらいいのか迷われる方も多いので、利用するのも良いと思います。

遺品整理業者

遺品整理業者(いひんせいりぎょうしゃ)とは、遺品整理する専門業者。サービス内容も様々です。遺品整理専門業者のパイオニアである「遺品整理専門のキーパーズ」(東京都)では、遺品を合同供養をしています。

遺品整理士

遺品整理士(いひんせいりし)とは、遺品整理業の社会的役割と事業者数の増大に伴って、モラルの低下を是正することを理念に掲げ業界の健全育成をはかるため、一般社団法人遺品整理認定協会(北海道千歳市)がの認定試験を実施。遺品整理業に一定のガイドラインを定めることを目指し、遺品整理の専門家の養成及び業界の健全化を図ることを目的としています。

遺品整理業を題材とした書籍・ドラマ・映画

書籍

  • 「死体があった部屋から見えること 遺品整理という仕事」(2008年07月31日)
  • 「遺品整理屋は聞いた! 遺品が語る真実」(2008年12月02日)
  • 「遺品整理屋は見た! 」(2009年10月29日)
  • 「事件現場清掃人が行く」(2010年04月08日)
  • 「遺品整理屋は見た!!」(2011年11月11日)
  • 「特殊清掃 死体と向き合った男の20年の記録」(2012年04月19日)
  • 「特殊清掃会社 汚部屋、ゴミ屋敷から遺体発見現場まで」(2012年08月25日)
  • 「遺品整理士という仕事」(2015年03月16日)

漫画

  • 「デス・スウィーパー」(2007年12月)
  • 「命の足あと-遺品整理業社ヒューマンズ-」(2014年12月26日)

ドラマ

  • 「遺品の声を聴く男」(2009年5月16日)
  • 「遺品整理人 谷崎藍子」(2010年5月24日)
  • 「アントキノイノチ~プロローグ~天国への引越し屋」(2011年11月05日)

映画

  • 「アントキノイノチ」(2011年11月19日)

[最終更新日:2015年10月20日]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう