困った時のおススメ記事
遺骨(いこつ)

遺骨(いこつ)とは、火葬して骨になったもの、土葬されて骨化したもの等があります。刑法では遺骨遺棄が禁じられています。

葬儀式(告別式)を終えた遺体は、火葬場で荼毘に付され遺骨となり、その遺骨を遺族によって骨壺へ納めます。これを「お骨揚げ」または「収骨」とよびます。 その後自宅や寺院に預けられた遺骨は、四十九日などを区切りとして墓地、納骨堂へと納骨されます。

遺骨を2か所以上の場所に納骨することを分骨と言います。分骨には、埋葬許可書が複数枚必要になることがありますので、確認が必要です。分骨の際には、小さい骨壺にのど仏の骨(本骨)を入れることもあります。

遺骨は、伝統的に亡くなった人の形見として、大切に扱われてきました。遺骨は、お墓に納骨しなければならないと法律で決まっているわけではありません。

骨壺を自宅で保管する「手元供養」と呼ばれる供養のかたちも見られるようになっています。現在では遺骨をペンダントやオブジェにして手元に残したりダイヤモンドやプレートに成型するなどの様々な形でお手元で供養する方法が増えています。

また、最近では娘さんしかいないご家庭や子供や孫にまでお墓の面倒をみてもらうには精神的負担や経済的な負担を軽減させてたいと思いから永代供養墓(合葬式墓地・集合墓)を望む人も増加傾向にあり、遺骨の供養方法も多様化してきています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう