贈る葬儀こころ

遺体( いたい )

遺体( いたい )とは、「遺された身体」と原義ではなっています。死者と特別な関係にあった遺族または関係者などにとっての死体を表する言葉。

死体は「死者の身体」ということであるので「遺体」と同じ意味を持っていますが、死体という言葉は一般的な表現であり使い方を区別します。遺体に対しては人格性を込めて特別の感情があり、遺体の尊厳が極めて大切にされる。

病院で亡くなられた場合

遺体の処置に関しては、病院側が清拭をした後に病室を出ます。その後、病院の霊安室に移動したり、そのまま自宅へと運ばれます。ご自宅での遺体の安置が難しい場合は、葬儀社が保有する保管施設・安置施設で安置をすることになります。 病院からのご遺体の搬送は、病院と提携をしている葬儀社へ依頼する場合と、ご自身で葬儀社を手配することのどちらでも可能です。病院からの葬儀社の紹介を断ることも決して失礼にはあたりません。