困った時のおススメ記事
一年祭(いちねんさい )

一年祭(いちねんさい )とは、故人が亡くなって1年後に行われる神道の祭祀のことで、仏式でいう一周忌のことです。
故人の祥月命日に、故人と近しかった人を招いて行います。

一年祭は、祖霊舎(それいしゃ)の前で行う場合もありますが、霊園にある施設や墓前で行って、そのまま墓参するということもあります。神社の会館や社務所は、百日祭以降は穢れも落ちて使用ができるようになっています。 多くの場合は、一年祭を区切りとして(五十日祭、百日祭の場合もある)、仮祖霊舎から祖霊舎に合祀して、そこからは家の守り神としておまつりをしていくようになります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう