困った時のおススメ記事
遺贈(いぞう)

遺贈(いぞう)とは、遺言(ゆいごん)により、人(自然人、法人を問わない)に遺言者の財産を無償で譲ること。民法第964条[*1]により認められる。

本来の相続人に対する遺贈も法律的には可能だが、この場合は相続とすることもでき相続税などの計算の際は相続より遺贈の方が不利となる。また、遺贈は単独行為である点で、契約である死因贈与と異なる。

[*1]民法 第964条
条文 (包括遺贈及び特定遺贈)
遺言者は、包括又は特定の名義で、その財産の全部又は一部を処分することができる。ただし、遺留分に関する規定に違反することができない。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう