困った時のおススメ記事
十三仏(じゅうさんぶつ)

十三仏(じゅうさんぶつ)とは、年忌追善に際し、初七日から三十三回忌までの13回に配当して供養する仏・菩薩(ぼさつ)。南北朝時代に成立した信仰。

  • 初七日は不動明王
  • 二七日は釈迦如来
  • 三七日は文珠菩薩
  • 四七日は普賢菩薩
  • 五七日は地蔵菩薩
  • 六七日は弥勒菩薩
  • 七七日は薬師如来
  • 百か日は観世音菩薩
  • 一周忌には勢至菩薩
  • 三回忌には阿弥陀如来
  • 七回忌には阿如来
  • 十三回忌には大日如来
  • 三十三回忌には虚空蔵菩薩

となります。この十三仏は経典にはなく、室町時代の俗説であるといわれています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう