贈る葬儀こころ

十三仏(じゅうさんぶつ)

十三仏(じゅうさんぶつ)とは、年忌追善に際し、初七日から三十三回忌までの13回に配当して供養する仏・菩薩(ぼさつ)。南北朝時代に成立した信仰。

となります。この十三仏は経典にはなく、室町時代の俗説であるといわれています。