困った時のおススメ記事
会葬礼状(かいそうれいじょう)

会葬礼状(かいそうれいじょう)とは、通夜・葬儀の際、受付で渡す葬儀の礼状。一般的には、清め塩と粗供養品(お茶、タオル等)を会葬御礼として一緒に渡す。

会葬礼状に句読点がない理由

会葬礼状の文中では、句読点の「、」や「。」は用いません。なぜ会葬礼状に句読点を用いないのかについては、おおむね以下の3つの説があります。

  1. もともと書状は毛筆で書かれていました。
    毛筆の書状には近世まで「、」や「。」を用いていませんでした。
    だから会葬礼状にも「、」「。」は用いないのが正式、という説。
  2. 葬儀や法事がとどこおりなく流れますようにという意味や、つつがなく終わりましたということをこめて、文章が途切れるような「、」「。」は用いません。
    冠婚葬祭に関する案内状や挨拶状全般も式や行事が滞りなく流れるように、「、」「。」は用いません、という説。
  3. 「、」や「。」は読む人が読みやすいようにつけられたものであり、読み手の補助をするものと考えられます。あらかじめ句読点をつけた書状を送るのは読む力を充分に具えた相手に対して失礼であるという、読み手に対する敬意から「、」「。」はつけない、という説。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう