贈る葬儀こころ

袈裟(けさ)

袈裟(けさ)とは、仏教の僧侶が身につける布状の衣装のこと。

ことわざ

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」

坊さんを憎いと思うと、その坊さんが着ている袈裟までが憎らしくなることから。「袈裟」とは、僧侶が左肩から右脇下にかけてまとう布状の衣装のこと。

僧侶が「憎い」対象となっているのは、江戸時代の寺請制度が背景にあるとされている。「寺請制度」とは江戸幕府が宗教統制の一環として設けた制度のことで、僧侶を通じた民衆管理が法制化され、事実上の幕府の出先機関の役所となった。そのため本来の宗教活動がおろそかとなり、また汚職の温床にもなったことから、僧侶を憎む人々も多かったといわれる。「坊主が憎ければ袈裟まで憎し」「法師が憎ければ袈裟まで憎し」ともいう。