労働金庫

労働金庫(ろうどうきんこ)とは、日本国内において預金の受け入れ、資金の移動や貸し出し融資、ローン、手形の発行などを行う金融機関の一つであり、その根拠となる労働金庫法に基づく業務を実施している。手形・小切手法の適用においては、銀行と同視される。基本的には労働組合や生活協同組合などが会員となる非営利組織であり、株式会社である銀行とは組織形態が異なる。また、同様に協同組織形態をとる信用金庫は、会員の対象を営業地域内としているが、会員の構成は異なる。

利用対象は、会員である各組合等および一般勤労者で、労働金庫の営業の地域に所在、居住しているか、在勤している場合となる。制度の当初は会員である各組合等またはその構成員であることが取引の条件となっていたが逐次緩和され、通常は構成員でない勤労者も個人として会員となることができる。また、一般に預金積金や為替等の取引は、非会員も利用することができる。

全国の労働金庫

  • 北海道ろうきん
  • 東北ろうきん
  • 中央ろうきん
  • 新潟ろうきん
  • 長野ろうきん
  • 静岡ろうきん
  • 北陸ろうきん
  • 東海ろうきん
  • 近畿ろうきん
  • 中国ろうきん
  • 四国ろうきん
  • 九州ろうきん
  • 沖縄ろうきん