困った時のおススメ記事
孤独死(こどくし)

孤独死(こどくし)とは、主に一人暮らしの人が誰にも看取られること無く、当人の住居内などで生活中の突発的な疾病などによって死亡することを指す。

概要

日本で核家族化の進んだ1970年代に独居老人(どっきょろうじん)の死後、だいぶ経って久し振りに訪ねてきた親族に発見されたという事件の報道で登場し同種の事例がたびたび発生した1980年代ごろからマスメディアに繰り返し用いられた言葉。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう