デスクに座りっぱなしの仕事をされている方々は、ときおり上下左右にお尻を動かしたり、腰まわりのダルさが気になってもんだりする方も多いのではないでしょうか?

お尻周りが硬くなるとお尻の痛みだけでなく、腰まわりの筋肉も硬くなり腰痛にもつながります。

そこで今回は、お尻まわりの筋肉をほぐすしてお尻まわりのだるさを解消するストレッチをご紹介いたします。

先ずは、お尻の大きな筋肉、大殿筋(だいでんきん)から、椅子などに座って片方の足首を太腿にのせ、上体を前に倒し20秒~30秒キープします。反対側も同様に。

このとき膝が浮かないように両手で足を抑えることがポイント。

体を前に倒す際には、無理のない範囲で行いましょう。

続いて、小殿筋をほぐします。右膝を曲げて上体に引き寄せます。曲げた膝を両手で抱え、内側に巻き込みながらゆっくりと体に引き寄せ、深層にある小殿筋を伸ばして20秒~30秒キープします。反対側も同様に。

休憩時に、お尻から腰まわりの筋肉をほぐして、腰痛予防を。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事